住宅の買い替え事情


自宅の不動産売却について

一生住むつもりで購入した自宅を、そう簡単には売却できないものです。家の購入より、売却の方が決心が必要かもしれません。
一目惚れで家を購入したという話を良く聞くくらい、衝動買いというものがあります。しかし、売却に関しては衝動売りというものは聞いたことがありません。

やむを得ない事情があったとしても売却するまでには、家族による話し合いや、調べ物など長時間の作業が必要になります。その時間を重ねて、最終的に売却をするということになった場合、まず最初どうしたらいいでしょうか。不動産の売却には様々な方法があります。大部分のケースの場合、不動産会社を通す方が多いのではないでしょうか。

不動産会社を通すことにより、面倒な手続き等を自分でせずに不動産会社にお願いすることができます。不動産会社に依頼するに当たり大切なことは担当の営業マンと相性が合うかです。お互い人間なので、相性が合う合わないということがあります。又、小まめに連絡をくれる営業マンであるかどうか、適切なアドバイスをしてくれるかどうかも大切です。

素人の私たちでは判断しかねる問題も適切なアドバイスがあれば不動産売却が一歩前進します。又、不動産会社に依頼する前に、不動産売却について勉強しておくことが大切です。いくら営業マンにお願いするからと言って、大切な自宅の売却を、全部他人任せにしてはいけません。きちんと勉強をして相手の話が理解できるようにしておくようにしましょう。